先日のアメリカで行われたアカデミー賞で、見事、

日本の映画『おくりびと』と、短編アニメ『つみきのいえ』がオスカーを

獲得しました。

どちらにも共通するキーワードは、“あたたかさ”

“人との触れ合い”、それがアメリカ人の心へも

届いたのではないかなと自分なりに思っています。

『つみきのいえ』は水没していく星で、積み木のように積み上げた家に住む

おじいさんが、人生を振り返る物語。内容はもちろんのこと、

手描きの感じを大切にするため、毎日鉛筆を握って格闘したと言われて

います。鉛筆画をベースにした温かみのあるタッチがいまや、CGアニ

メ等が主流となる中で、何か心に伝わるものがあったのではないかと感じて

います。

加藤監督も、受賞スピーチで「サンキュー、マイペンシル」と語って

いたぐらいですから、とてもご苦労されたのでしょうね。


それから、『おくりびと』。これは、何と言っても、主演をなさった、

本木雅弘さんの熱意と想いが伝わったのではと思っています。

15年前からこの映画を企画し、想いをつのらせいたそうで、

実際に、納棺師としても修行をされ、本番に臨んでいらっしゃったとの事。

再三、こちらのブログでも書かせていただいていますが、

夢をあきらめず思い続け、努力し続けていた人は、その想いや、熱意が、

やはり、万国共通に人の心を動かすのだと思うのです。

当初は、本木さんがこの企画を映画会社にプレゼンしても、「お葬式の映画

だと興行収入が見込めない。。』「死を扱う映画は暗いから駄目だ。。』

などと、取り合っていただけないこともあったそうです。

しかし、自分の絶対なる確信をもって、負けじと訴え続けた熱意が、

監督や、映画関係者、そして、国を超えて心を動かされたのでしょう。

本木さんのお母様は、取材に対して、『雅弘は小学2年生のころから自分で

目標を立てては、やりたいことに突っ走っていき、達成したらまた新しい目

標を立てて進むタイプ。回りの人の意見を聞かない頑固な面もありました。

『よくやった』と思い切り褒めてやりたい』と受賞の喜びを語っていらっし

ゃいました。


人間であれば、だれでも訪れる最期。

与えられた残された人生をどのように生きていきたいのか?

愛する家族や、友人達とどのように付き合い、何を残していくのか?。。

私も深く考えさせられるテーマだなと感じています。

改めて、また、見てみたいと思わせる映画だなと思いました。

3月19日にはDVDも発売される予定だそうです。

映画館までいけない方は、是非!!

石川遼くんがアメリカマスターズトーナメントに招待されたとNEWSで
伝えられいました。


まだまだ、にきびの跡が残る青春真っ只中の17歳の男の子が
数々の最年少記録を塗り替え、1億円以上もの収入を稼ぎ、そして、今度は、遼くん自身が20歳までに出場と目標にしてた、マスターズまで
目標よりも早く出場権を得たのだ。
プロゴルファーであれば、誰でも憧れる大会へ出場するのです。

そんな石川遼くん、以前から、すごい16歳がプロデビューしたなとは思っていました。
当時は、『ハニカミ王子』と呼ばれ、マスコミも騒いでいました。
しかし、この1年の彼の実力と活躍をみて、もう『王子』なんて言葉は
使うマスコミもほどんどなく、17歳の一流のプロ選手として
一目置いて接するようになってきたと感じています。

何がすごいって、いつも笑顔で対応し、すべての人を敬う言葉遣い、すがすがしい身だしなみ、会見での前向きで謙虚な話し振り、周りのファンへの感謝、プロのゴルファーとしての実力も充分にすごいのに、
それ以外の“人”としての中身もジェントルマンなのです。
そして、彼がまだ現役の高校生なのだから、更に驚きです。
時には嫌な質問をされることもあるでしょう、
しかし、彼はいつも礼儀正しく、感じのよい対応をしています。
大人でもなかなか出来ないことだと思います。

学生の方向け就職マナー研修のご依頼をいただく私も、
いつも遼くんのような対応・受け答え・第一印象を目指してみてと
アドバイスすることもあります。国民的スターですので、誰もが
彼の人柄・実力ともに知っているということろでは、
若い方も大変参考になる立ち居振る舞いだと思うからです。


世の中の風潮で、『今の若い人達は駄目だ・・・』なんて騒ぐ大人達は
彼を見ているとそんな言葉は言えなくなってしまうでしょう(笑)

彼をみていると年齢がどうのということではなく、
やはり、自分の夢を早くに見つけられているかどうか?が
分かれ道になってくるように感じます。

私達は、まだ17歳なのに、こんな若いのに、すごい活躍だ!と
思って感心してしまいますが、幼い頃から目標をきめて、
戦い続けている彼らからしてみたら、
この年での成果は当然の結果、報いなのかもしれません。
若くに活躍しているスポーツ選手や音楽家を見ていると
そう感じるのです。

夢を早い時期に見つけられ、自分の好きなことに向って戦い続け、今も頑張っている若い人は、きっと遼くんのように、いつの時代も年齢に関係なく、『自分軸』をもってしっかり語っているのかもしれませんね。
早くに見つけているからこそ、今この年齢で自分を語れる。
遼くんを見ていると、改めて、どんなことでもいいから、
小さいうちから目標や夢を持つことの偉大さ、
人として成長させてくれる素晴らしさを感じずにはいられないのです。

かつてのイチロー選手もそうでしたが、遼くんも、小学校の卒業文集には
『20歳でマスターズに出場する』と目標を設定し、記入していたそうです。
12歳の男の子がマスターズと言われて、何人の同級生が
その目標のすごさを分って理解していただろうか?。。普通であれば、
マスターズって何?。。という所だと思うのです。

私なんて、小学生のことろには、このような明確な目標や夢はまだまだ
持っていなかったように思います。
だから、すごいなぁ〜って思うのです。


それにしても、遼くんが、悪いことを言われたり、書かれたりしている
ことを見たことがありません。

こんなすばらしい息子にどうやったら育てられるのか?と
誰もが聞きたいなと思うところだと思います。
この質問に対し、プロ転向の記者会見で、遼君のお父様が、
『とんびがとんびを産んだだけ。これからタカになるのを
親として見守るだけです』と謙虚に語っていらっしゃったことを
思い出しました。

謙虚で礼儀正しい遼くんの素晴らしさは、遼君を育て、
応援し続けているこのご両親のすばらしさを引き継いでいるのだと感じました。

思春期真っ只中の遼くん、普通だったらもっと生意気な部分も
あっても普通なのに。きっと、私達では想像できないほどの
苦しみにも耐えて、ここまで這い上がってきたのでしょう。
だからこそ、自分を冷静にみつめ、周りの支援にも感謝し、
頑張り続けていけるのでしょう。

苦しみに耐えて夢をもって頑張ってる人は
年齢にかかわらず、本当に心身共に強いな!!と思うのです。

こんな誰からもかわいがられるスター選手もめずらしいですね。

春に行われるマスターズ、憧れのタイガーウッズと一緒にまわるなんて
ことも?!

こんなすばらしい遼くんの活躍を心から応援する気持ちと、
頑張りすぎて疲れないようにね。。とまるで母心のように?!と
ついおせっかいがましく、応援してしまう私がいるのです。。

昨今、雑誌や新聞、TVでもエイジレスに生きる、また生きたい
女性達の特集記事をよく目にします。

『Ageless』・・・永遠の, 常に若い, 年をとらないの意

もちろん、私も、常に身も心も若々しく、年齢に縛られずいくつになっても
チャレンジ精神をもって生きて行きたい!と思っておりますので
つい、思わず興味深く読んでしまいます(笑)

そんな中、最近、Agelessに生きる素敵な女性として、興味をもった女性が
おります。

秋元順子さん、みなさんはご存知ですか?


年末の紅白歌合戦をご覧になった方は記憶に新しいかと思いますが、
去年1月にリリースした『愛のままに・・・』という曲が、
口コミでジュワジュワと人気が出て、オリコン歌謡曲チャートで
連続1位を記録し、昨年も大変話題になった
61歳のオールドルーキーと言われていらっしゃる女性歌手です。
デビューしたのが、今から3年前の58歳の時というのですから、
すごいのです。現在も年間70本のコンサートを行っているそうです。

今日のNEWSでは、「愛のままで…」が26日付のオリコンシングルランキングで1位に。61歳7カ月での首位獲得は、小田和正の59歳11カ月を更新する最年長記録に。女性演歌・歌謡曲歌手による首位は、城之内早苗の「あじさい橋」以来22年7カ月ぶりとのことでした。

アラ還(アラウンド還暦)と呼ばれる団塊の世代の星となって
声が続く限り歌っていきますと豊富を述べられていました。

歌が素敵なのはもちろんですが、秋元さんのこれまでの生き方も
素敵だなと思ったのです。たまたま雑誌の以下の記事を読んでからです。

=====================================================================
 秋元順子さんは、1947年、東京・深川生まれ。幼い頃は「ハスキーボイス」にコンプレックスを持っていたが、小学生のある日、人前で歌を歌ったところ「上手」と褒められ、以来人生が百八十度変わった。
 その後、音大に進み、「将来はプロ」になるはずだったが、家庭の事情で石油会社に就職。「このときの悔しさが、音楽への強い思いになった」と後に本人は語っています。
 OL時代は社内外の複数のバンドに参加し、ハワイアン、ジャズ、シャンソンなどを歌いまくったとのこと。きっと、ジャンルに属さない歌声は、ここの辺りの経験からくるのでしょう。
 72年、秋元25歳の時に結婚するや、一気に音楽から遠ざかった。夫が営む生花業を手伝うかたわら、1男1女の子育てに没頭した。
 結局、40歳までの15年間を専業主婦で過ごした。
子育てが一段落し、かつてのメンバーと音楽活動を再開した頃、2度目の転機が訪れた。「本場のジャズを聴きたい」と米国を旅行したところ、ライブハウスのオーナーから「残って歌わないか」と誘われたという。悩んだ末、帰国したが、その後の音楽活動に大いなる自信になったのは確かだ。
 悔しさをバネに都内のライブハウスで歌いまくっていた04年、3度目の転機が来た。彼女の声に聞き惚れた作詞・作曲家の星桂三氏が自作の曲「マディソン郡の恋」を「吹き込んでみないか」と声を掛けてくれたのだ。2000枚の限定盤でインディーズ・デビューしたところ、有線問い合わせランキングで異例の1位となり、翌年、キングレコードからメジャーデビューと相成った。
 人気の秘密は、重低音の効いたハスキーボイス……だけではない。むしろ、決して夢を諦めなかった前向きの姿勢が団塊世代に勇気を与えているのではないか。秋元自身がこう言っている。
「人の旬はそれぞれ違う」「夢を持って頑張れば、誰でも“新人”になれる」 と。
=====================================================================



どんな状況でも、自分で選択した人生を、他人のせいにすることなく、
生き抜いて、しかしながら、自分の夢の灯火も決して消さず、
努力し続けてきた秋元さん。すべての自分の経験を肥やしに
メロディーにのせて堂々と自信たっぷりに唄っていらっしゃる。
だからこそ、これだけ多くの人を魅了し、世に出た時には、瞬く間に
一流の歌手になられたのでしょう。たくさんの人の心に届いたのです。
実際、ラジオで聞いた視聴者から、一度聴いたらまた聴きたくなると
リウエストが殺到し、口コミでここまでメジャーになったのです。
秋元さんの歌声が、人の心を動かしたのです。ここもまた、すごいのです、
本物なのだなと想うのです。

チャンスはいつ自分にやってくるか分らない、
その時に、いつでも飛び立てる自分でいること。
好きなことをあきらめない、コツコツと自分のペースで
頑張り続けること、その素晴らしさを秋元さんは現在も61歳という年齢で
私達に教えてくださってると思います。

団塊世代の方々だけではなく、アラフォー世代の私達にとっても、
元気と勇気を与える生き方を、秋元さんは今も現役でみせて下さっています。

みなさんは、好きなことを今の私じゃ無理だからとあきらめては
いませんか?周りの環境や他人のせいにして、始めから出来っこないと
自ら夢の灯火を消してしまってはいませんか?・・・

好きなことを見つけたとき、人は誰かの心を動かし始めるのでは
ないでしょうか?。。

夢を持ち続けること、これが若さエイジレスの秘訣かもしれません。。

こんな秋元さんのバックグランドを感じながら、彼女の歌を聴くと
これまた、素敵です。歌詞も彼女そのものの人生と重なるかのようです・・

♪ 秋元順子 『愛のままに・・』 ♪ 視聴するクリック

みなさま、明けましておめでとうございます。

みなさまは、2009年はどんな思いで、新しい年を迎えましたでしょうか?
今年の私自身は、『華』の一文字に思いを込めて、

今年一年、不況の真っ只中と言われていますが、

こんな時だからこそ、「華々しく生きて」笑顔で、

前向きにチャレンジしていきたいと思っています。


私をそんな思いにさせてくれた、

私の最近のヒットの映画『最高の人生の見つけ方』

是非、ご紹介させていただきます。





話のストーリーは、

余命を宣告された二人の男が棺おけに入る前にやっておきたいことを

リストにして、二人は生涯最後の冒険旅行に出かけます。

ピラミッドの頂上で、物知りのカーターはエドワードにこんな話をします、

“古代エジプトでは、人は死んだ後天国に行く扉の前で2つの質問をされ

るそうだよ。その両方に『YES』と答えなければ天国に行くことはできない“と。

■1番目の質問は『Have you found joy in your life?』(自分の人生を楽しんだか?)
■2番目の質問は『Has your life brought joy to others?』(人生で人に楽しみをもたらすことができたか?)

名優、ジャックニコルソンと、モーガン・リーフマンが、

人生を悔いなく楽しく生きるのに、遅すぎることなど決してないという

心に響くメッセージを投げかけてくれるとても素敵な映画です。


私も、人生の終わりがいつくるかは分らないけれど、

また、天国にいけるかいけないかは別にしたとしても、

それまでに、どちらの質問にも、「YES」と答えられ、最期が

迎えられるならこんな素敵なことはないと思うのです。


2番目の質問に関しては、まだまだ、私は、修行が必要のようですが、、

みなさんは、いかがですか?


人に楽しみをもたらすのに、自分が暗く滅入っていては、

出来るはずがないですもの!!

だから、今年も、前向きに、プラス思考で

仕事もプレイベートも、頑張って行きたいと思います!

コミュニケーションマナーを通して、仕事って、人とお付き合いするって

こんなに楽しいものだったのねと思っていただけるキッカケ作りの

お手伝い。

今年度も多くのお仕事のご依頼をすでに頂いております。

本当にこのご時世ですのに、なんて有難いお話なのだろうと

心より感謝致しております。

これからも、ご縁と出会いを大切に。。。

どうぞ、本年もよろしく、ご指導・ご鞭撻の程、お願い申し上げます。








2008年度も、最後の日となりました。

今年度も、多くのお客様に支えていただき、ご愛顧いただき、

また、すばらしい出会いやご縁をいただき、

心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。


2009年度も、皆様のお役に立てる研修を企画・ご提案出来まよう

スタッフ一同努力をしていく所存でございます。


今後とも、ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。


2009年が皆様にとって輝かしい年となりますよう

心よりお祈りいたしましております。





『言霊』(ことだま)・・・古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。 発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた。

最近、この言葉の意味に在る通り、自分が発した言葉には、魂が宿るものなのかもしれないと感じます。

人は絶対に一人では生きてはいけないわけで、お互いが気持ちのよい関係でいられる言葉を発して、コミュニケーションをとることが、何と言ったって、すがすがしい関係を持続させるコツだと思います。

自分が相手に発する言葉が、いつも、相手をけなすような言葉、責める言葉ばかりだとしたら。。。

きっと、行く末は、人が離れていき、孤独になってしまうのだろうか。。

昨今では、政治家の方や企業のTOP層の方々がマイナスの言葉を発し、お詫びをしている姿が、ニュースにも多々取り上げられています。

とは言え、人間は感情の動物。。
真剣に生きているからこそ、そう、きれい事ばかりは言ってられないと思うときもあるでしょう。。

でも、そこを上手にコントロールする力が、特にビジネスの社会では、必要なのかもしれませんね。。


最近では、他にも、ネットでの批判投稿をきっかけとして、死に至るほどの多くの事件が起きています。小学生までもが、、、。その事件を聞くたびに、悲しい気持ちでいっぱいになります。

日頃の相互のコミュニケーションが良好であれば、多少の厳しい言葉も受け入れられるのでしょうが。。

しかし、基本的に、人は、
けなされるより、誉められたい!

誰だって、人に認められたい!


はずなのです。


以前読んだ本によると、
“誉める行為”は、相手を気分よくさせるだけではなく、自分の脳も
よい『言霊』を発する事で、同じ内容を吸収し、自分へも同じことを反映してくれるそうです。自然に、相手だけではなく、自分をも元気に
してくれるのです。

褒めて育てるという言葉がありますが、褒めることは、同時に、自分育てにもなるということでしょう。良い所をみつけて、褒めるという行為は、なかなか出来そうで出来ないことですよね。


かく言う私も、子供の頃も、社会人になっても、出来の悪いタイプでしたが、けなされるよりも、むしろ、周りの親や、先輩、上司にたくさんの励ましの言葉をいただきプラスのシャワーを受けて、ここまで、育てていただいた気がします。

みなさんは、いかがですか?
部下・上司・妻・夫・子供・恋人に、プラスになる言葉を発していますか?


是非、明日から、『言霊』を信じ、みなさんも美しい言葉を発して
相手も、自分もきれいに、素敵になってみませんか?






Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM