仕事終わりに、新宿にある花園神社の三の酉の前夜祭へ行ってまいりました。



明治時代から始まった、酉の市。大鳥神社の祭神でもある日本武尊が戦勝祈願をしたところから、

命日である11月の酉の日にお祭りとして行われるようになったようです。

時代とともに、武神としての信仰から商売繁盛、開運招福の守り神へと転化していったともいわれています。

師走を迎える、酉の市の風物詩でもあり、商売繁盛の熊手(熊手お守り=(かっこめ) 熊手で運をかきあすめるとも)を売る露店、

のにぎやかなこと!

そして、願いを込めて買う楽しみと、それはそれは、人、ひと、ヒトで、今年も活気に満ちていました。

60万人が訪れているとのこと。納得です。

小さな熊手から始まって、年々大きな熊手に変えていくという慣習にならう方も多いようですね。

わたくしも小さなものから始めて、お守り頂いているところです。

江戸っ子文化らしい粋な買い方としては、あえて値切って、その値切った分をご祝儀として、お店の方へ還元していくそうです。

あちこちで、「ご祝儀いただきましたー!」や、

熊手の商談が成立して威勢よく手締めを打ってもらっている「よぉ〜おー・・」威勢のよい声や音。

本当に、これぞ酉の市と感じる瞬間でした。


お参りするにも、しばらく待っての、列に並んでの大賑わいでした。

前夜祭の中、願いの込められたたくさんの提灯のあかりが、また粋な雰囲気で、素敵でした。


そして、ここでも、活気を頂いた上に、たくさんの気づきをいただきました。


やはり、多くの熊手やお守り等を売る露店が並ぶなか、

人気の行列をつくるお店は、やはり、スタッフさんが何といっても、声が明るく、張りがあり、

とりわけ、笑顔が素敵でした。そして、言葉遣いも非常に丁寧で、わかりやすい。

お客様と上手に掛け合いながら、手締めで盛り上げてくれる姿は、傍から見ているだけでも、

微笑ましく、来年に向けて頑張ろう!ワクワクしてきます。

きっと、来年もがんばって、また、ここに来ようと!モチベーションにもつながっているのでしょう。


神様の前でのご商売、そして、来る方も会社を代表していらっしゃる方もおおく、

せっかくの縁起物を買いに行くのに、やはり、気持ちよく買いたいと思うのは当然のことですよね。


活気を作り出すのは、やはり、いつの時代も「人」。

笑う門には福来る。 笑顔が人を呼ぶ。

本当ですね。

皆様にも素敵な御縁が、そして、たくさんの福の「かっこめ」がありますように。。

==============================================
いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
以下も更新中です。よろしければ、ご覧くださいませ。

●篠原優子セカンドブログ『まごごろdeハッピネス』
New → http://ameblo.jp/fujikokensyukikaku/

=======================================
 

11月も半ばを過ぎ、今年も残すところ、あと1ヶ月半ほどとなりました。

冬到来を忘れてしまうほどのここ数日の暖かさですが、みなさまは、いかがお過ごしでしょうか?


さて、学びの秋も終盤を迎えまして、今月も研修をご依頼いただきましたクライアント様と共に、

私もたくさんの学びをいただいております。本当に有難いなと日々感じています。


・これから迎える年末年始商戦にむけてのおもてなしの準備体制を整えたい

・年に一度の社員様との意思統一の機会として研修会を行いたい

・これからの人口減に備えて、改めて販売営業を顧客視点で強化していきたい

・新入社員スタッフの次のステージへ、ステップアップを目指させてあげたい


など、クライアント様のご要望は様々ではございますが、

なかには、貴重な定休日や唯一週末のOFFの休みの日にしか、全員が集まれる日がないからと、

お集りいいただき、ご依頼を頂くことも多く、

わたくしも、お客様のこのような想いと前向きなお姿に、本当に頭が下がる思いと共に、

貴重なお時間をいただいて、ご依頼をいただいたからには、

微力ながらも、こちらも、しっかりとお応えしなくてはと、気を引き締めて、

担当させていただいております。


そして、いつも思うのです。

自らを点検する勇気をもって、もっと上を目指していかれたいと目標を持たれていらっしゃる方々や会社様は、

いつも明るく、そして、誰に対しても、優しくていらっしゃるなと感じます。

おもてなしをお伝えさせていただいているわたくしの方が、逆におもてなしをいただいてしまうことが多々ございます。。

スマートに、そして、機知に富んだ会話   

そして、何より、加えて、経営者様や研修担当者様が、

従業員スタッフ様や協力会社様を大切にされているご様子がとても微笑ましく、

温かな空気が流れています。

だからこそ、社内全体に、他人のために役たつことに、本当に歓びや楽しさを感じることに、

とても貪欲でいる空気が流れているのだと思います。

あたながいるから頑張れる みんながいるから頑張れる から

あなたがいるから会いに来た みんながいるから会いに来た へ

変換していくのが、まさに、真のESであり、真のCS(お客様満足)へつながっていくのでしょうね。


本日もすっかりと、研修担当者様のおもてなし上手に甘えさせていただき、研修を行わせていただきました。

おいしいお昼のお弁当から、そして、素敵なイベントチケットのお土産付まで。。(涙)

素敵な御縁に囲まれて、お仕事をさせていただける環境に、心より感謝感謝の日々です。

多くのお客様からの思いにお応えできますよう、晩秋も日々精進です。

風邪も流行ってきたようです。皆さんもお身体くれぐれもご自愛くださいませ。

=============================
☆いつもブログへご訪問いただきまして、ありがとうございます☆
  → 是非、こちらも日々更新中です。もし、よろしければ、
    セカンドブログもご覧くださいませ。

●篠原優子セカンドブログ『まごごろdeハッピネス』
New → http://ameblo.jp/fujikokensyukikaku/

==============================








 

少しずつ、肌寒いと感じるようになってきましたね。

紅葉の便りも届くのが楽しみの今日この頃ですが、

皆様もいかがお過ごしでしょうか?

さて、学びの秋。

わたくしも、この10月のたくさんの素敵な気づきの機会をいただいて、

インプットさせていただいております。


共通の想いとして、今、目の前にあることをしっかりと見つめられないのであれば、

その先も、見つめられないということ。今をしっかり大切に思えるかということです。


栃木商工会議所様からの御縁をいただきまして、

曹洞宗 黒羽山 大雄寺での座禅を初体験させていただきました。

栃木県文化財に指定された、600年以上もの歴史のある萱葺き屋根の趣きあるお寺での贅沢な学びの時間でした。

副住職より、最初はあれやこれやと考えたりしてしまいますが、呼吸を整えることで、心を無にする。

無為にしていく時間。

今の自分に集中していくことの大切さを、お話伺いながら、体験させていただきました。

どうしても人は、自分の我を通して生きてしまいがちですよね。欲によって、この先のことや、

あれやこれやと心を必要以上に悩ませて、身動きが取れなくなってしまっていることがあるのかもしれませんね。

目の前にある、今の大切さをみつめること。心の断捨離。目の前を足るを知るということでしょうか。

このスピード社会、情報競争の時代において、あえて、こういう時間も必要なのかもしれませんね。



外資系企業や大企業の方々も、座禅に訪れて、己を知るスキルアップをされているとのこと、

机上の研修よりも、確かに、自ら感じ取ること 言葉にあらわれない、見えないものを感じ取るこころ、

心の満足時代において、大切なのかもしれませんね。


そして、パートナー講師をさせていただいております、(株)エルシーアール様での講演会へ参加させて頂きました。

4年の連続赤字の(株)はとバスを、次年度には、黒字へとV字回復させ、トップとして導かれた、

宮端清次 元代表取締役社長のご講演、まさに、今を見れない人は、その先も変えられないというお言葉が印象的でした。

今、目の前にいらっしゃる人、ことをいかに良くみて集中し、大切に優先していくか。

宮端元社長は、なぜ、売上が下がってしまっているのか、はとバスの今のサービスを知る為に、月に3回は自腹で、

自社のはとバスにのって、お客様となって、今を感じ取っては、サービスの質の向上への改善へ繋げたとのことです。

何よりも、この見つめる時間が改善への一番の勉強、ヒントとなったとのこと。

この先がなかなか読めないこの時代だからこそ、3年度、5年後でみていくのではなく、

せめて、半年に1回は、自分(自社)の今をみつめる時間をもつことはリーダーとして大切と。

今、目の前にいらっしゃるお客様、社員の心をよく見て、相手の心になって、対応していうことが大切と。


今、目の前にいる自分をみつめていくことは、ときに、勇気がいることかもしれませんが、

今、目の前にあることをひたむきにやってみる。目の前にいる人を大切に感じてみる。

いまを大切にする心を持つことが、ひいては、他のひとも、自分へもプラスへ導いてくれることへ

繋がるのかと感じました。

つい、過去や未来を必要以上に見過ぎて、目の前にある、大切なひと、ことの今を

見忘れないようにしたいなと改めて感じた秋のひとときでした。


いつもお忙しい中、ご覧いただきまして、ありがとうございます。

食べ物はもちろん、この先も、素敵な秋の「心」の実りも満喫していきましょう!

 

 9月に入り、少しずつ、初秋を感じる気候となりましたが、

 皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 スーパーでも、運動会の季節に合わせてでしょうか、

 まだ少し青いみかんや、栗が出始めて、うれしそうに!並んでいました。

 食べ物もおいしい季節です。夏の疲れを癒しながら、

 2015年残り、4か月、乗り切って参りましょう!


 さて、もう一つ忘れてならないのが、「学びの秋」ですね。

 私も、インプットもいろいろな角度から勉強させて頂きたいと思っております。

 美術展に、セミナー参加に、イベントに、読書に・・・

 忙しい時こそ、時間を有効に使って、意識していきたいなと思っています。

 最近では、長年の教師の現場での感動やエピソードを大変分かりやすくご紹介下さる、

 平 光雄先生の著書 『究極の説得力 人を育てる人の教科書』を拝読致しました。

 常に、相手に説得力を持たせるための秘訣。何よりも心身ともに自分を磨くということ。

 改めて、気を引き締めていかなくてはです。


 さて、9月もたくさんのクライアントの皆さまより、研修のご依頼をいただいており、

 心より有難く、御礼申し上げます。

 その中でも、公開でのセミナーで、どなたでもご興味があれば

 ご参加いただけるセミナーです。

 ご依頼をいただきました、一部のセミナーに関しまして、

 素敵なご企画をいただきましてので、ご紹介させていただきます。
 
 最近、一人でも参加できるセミナーのお問合せも多く頂いておりましたので、併せてまして

 こちらのブログにて是非、ご案内させていただきます。

 
  ■ 日光商工会議所様 ご主催  
     お問合せtel 0288‐50−1171(日光商工会議所様)

  ● 9月15日(火)おもてなし接遇会 
      13:30〜15:30 場所:日光商工会議所日光事務所様

  ● 9月16日(水)おもてなし接遇会 
    13:30〜15:30 場所:奥日光小西ホテル 様


  ■株式会社エルシーアール様 ご主催   
     お問合せtel. 028-647-3301 (株式会社エルシーアール様)

  ● 9月17日(木)ダイバーシティマネジメント研修 
     13:30〜15:30 場所:とちぎ福祉プラザ 様


 共に、楽しいお時間となりますこと、微力ながら、心を込めて担当させて頂きたいと思います。

 
  皆さまも、どうぞ!素敵な初秋の季節をお楽しみくださいませ♪

 

新美南吉作の「でんでんむしのかなしみ」



既にお読みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?


あらすじは、自分の背中の殻には悲しみがたくさん詰まっていて

もう「生きていられない」と思っていたでんでんむしが、

周りに相談すると、それぞれに友達もみんな悲しみを持っていることを知り、

嘆くのをやめた、というお話です。


皇后美智子さまも『小さな頃に聞かせてもらったこの話が後々いくどとなく思い起こされ、

「人生の複雑さを学んだ」という童話であることを過去にスピーチされています。


楽しいこと、良いことばかりではないのが人生

そんなときにも、明日への勇気、励まし、相手への思いやりをあたえてくれる御本です。


そして、誰もが悲しみを背負って、それに耐えて、なおさらに、前向きに生きているということ



自分の悲しみを嘆く前に、相手の悲しみにも気づける自分でありたいですし、

お互いに分かち合える世の中であって欲しいですよね。

その為にも、いつでも相手のことが考えられる心のゆとりを持てるよう、修行の日々の私です。


こちらは、そのときどきのどんな状況下でお読みいただいても、たくさんの気づきをいただけると感じています。

鈴木靖将さんの色鮮やかな挿絵も本当に素晴らしく、勇気と元気を与えてくれます。

是非、ご紹介させていただきます。

→ ご購入 アマゾン 『でんでんむしのかなしみ』


 


 

ゆっくりお休みになった方、また、お仕事されていた方、

どのようなGWをお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか?

さて、「年輪経営」をめざし、急成長したり大企業になることを目指すのではなく、

あくまでも社員の幸せを第一に考え、これを地道に追求し続けられてきた 伊那食品工業の塚本会長の

大変勉強になりますインタビュー記事をご紹介いたします。
http://shuchi.php.co.jp/article/1108
(→PHPonline 衆知 記事より)


私も数年前に、長野本社へ伺い、塚本会長のお話を伺って参りましたが、

本当にこの記事にあるように、美しい庭園、イキイキとした社員のみなさん、

穏やかな語り口調で語られながらも、これからの時代に大変ヒントのたくさんあるお考えや取り組みで

いらっしゃるなと大変感動したのを今でも思い出します。

幸せの国ブータンのお話を例にとり、会社も社員がどれだけ物をつくってお金を稼いだかではなく、

社員の幸福そのものの量を追求しようとしているというお考えも本当に素敵だなと感じます。

お客様満足を唱える前に、まずは、社員満足、社員の幸せを満たしていくこと、

現場で人材研修に携わせていただいていても、本当に重要だなと日々感じるところです。

塚越会長は、本当に意味で優しく、そして強い 良い会社づくりとは、

一定の緊張感を保ちながら、社内のお金を有効に使って社員教育や研究開発、職場環境改善を継続し、

常に前向きに進み続ける「筋肉質」の経営だという最後のお言葉も本当に素晴らしいと感じました。

給料が高いからとか、有名な大企業だからとか、それも一つの会社の価値かとは思いますが、

「勝ち」ではなく、これからは、このような幸せとか役立ちとか、

お金とか大きさでは計れない『価値』づくりを大切にしていく時代なのでしょうね。

これは、もともとあった老舗の日本古来の商売の考え方でるということも大きなヒントを頂きます。

 

大型のGWも間もなくに控え、暖かい春というよりは、

夏日のような暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

日々、小さなことに目を向けて、丁寧に生きていきたいなと思っていますが、

忙しさ、大変さ、が重なってしまうと、つい、大切なことを忘れてしまいそうになりますよね、、。

でも、これもきっと、習慣にしてしまうことが一番ですね。

小さなハッピネスを感じる、見つけられる体質づくり、習慣化。

人生においての、心の満足、幸せって何だろう?・・・etc

公式セカンドブログとして、


・人の温かさ『真ごごろ』を感じる、また、受け取れる自分でいたい

・小さなことの感動や幸せ『ハッピネス』に気づく、感じ取る自分でいたい


そんな思いを込めて、たのしく綴っていきたいと思います。

是非、こちらも、併せてご覧いただければ嬉しいです。



●篠原優子の『真ごころdeハッピネス』ブログ
 →http://ameblo.jp/fujikokensyukikaku/
 

先日、ある100円ショップに寄った時の話しです。

買い物を終えて、1つのレジしかあいておらず、混み始めた様子を見て、

それにきづいた女性スタッフの方が、レジを開けて下さり、

「恐れ入りますが、こちらへどうぞ」と。

会計が終わるころ、

「ただいま、新発売のわさび味スナック、おつまみにいかがでしょうか?」と

レジ横に置いてある、商品をお薦めされました。



100円ショップも商品そのものが100円の価値を超えているところに甘んじることなく、

スタッフによる声掛けを始めてたのかな?と思って、隣のレジスタッフの声掛けを聞いてみると、

そのような声掛けはしていないようでした。

きっと、私の会計を担当して下さったスタッフさんが、自分で考えて、お客様の様子をみながら、

その都度声掛けをしているようでした。(←お酒好きそうに見えたのでしょうか?(笑))

混んでいるレジをすぐにきづいてあけて下さって、笑顔でキビキビ対応してくださった好印象につづき、

このある意味、意外性を感じた100円ショップでの押しつけ感のないさらりとこなす営業トーク。

何度か100円ショップに買い物に行きましたが、初めての対応でした。

「お客様で袋詰めは、お願いします。壊れ物はあちらの新聞紙をお使いください」というマニュアル的な声掛けは

いつも聞きますが、、。

なかなか出来そうで、出来ないことですよね。

思わず、「では、いただいていきます!」とおつまみも追加させていただきました(^o^)

マンネリ化していく商品を、輝かせて魅せてくのは、やっぱりそこで働くスタッフの対応次第であり、

100円の価値をそれ以上に大きくしていくのも、プラスアルファーのこのようなちょっとした声掛けであり、

絶妙なタイミング、大切ですよね。









 

「真心」とは、真の心と書きますね。
真の心で相手を想い、そして、受け手も、その思いを真の心で受け取る。
人として、生きていて、一番に心が満たされるとき。

以下、そんな素敵な想いのかけあいの記事です。
(読売新聞より)



人のお役に立ちたい、ではなく、
お役に立たせていただいている。

一枚一枚、手縫いで相手のことを想って縫い上げた雑巾、
そして、その想いをうけて、大切に使わせていただきたいという生徒たち。

それぞれの生き方があるように、考え方、行動の仕方も価値観によってちがってくるかとは
思いますし、お役に立たせていただきたいと思った時、
お役に立ちたいという自己実現だけの想いの押し売りや、奉仕とはこうあるべきだとか、
想いが強すぎるのも、、器を超えすぎてしまっても、無理をし過ぎてもつづかないものですし、
となかなか距離感やタイミングも難しいものですよね。

しかし、こちらの送り主の方は、言葉のひとつひとつ想いと心から相手に寄り添ったお手紙のお言葉も素敵ですし、
その想いを受けた、受け手の方々も、
本当に素敵だなと、拝見した私も、何か大切なことを思い返させていただき、心が温かくなりました。

人のすばらしさ、真の心の「おもいやり」の交流の原点を教えて頂いたような気がしました。


 

雨模様の中ですが、色とりどりに咲くチューリップやビオラの
春の花の花びらにはじく様子が、
本当にみずみずしく、喜んでいるように見えてきます。

今日こころに響いた言葉。


「人は皆生まれると、知らぬうちに向上門をくぐり、向上に励む。
己とは何かを問いかけ、一歩一歩向上の道を上っていく。

しかし、それは独りの道である。
一人を究めんとする孤独の道。
その道の先には向下門という門がある。

それは自分が究めたことを世の人々に示せるか、
どんな人にも分かる言葉で示せるかを試される門。

この向下門を下り得た者のみが本当の意味での
人生の合格者だ」


(『致知』2015年4月号特集「一を抱く」総リードより)」


安岡正篤氏に師事され、今年百歳をお迎えになる伊與田覺先生の記事より、
一言すべてが心に響きます。
七歳から親しんでこられた「論語」を百歳の今になっても、
どんな人にも分かる言葉で紹介されており、
まさに、向上向下の道を歩まれていらっしゃいます。

日々人生は、インプットとアウトプットの連続。
アウトプットは本当にその人なりが出てくると感じています。

お言葉をいただき、
気を引き締めて、まだまだ上り坂を登りはじめたばかりです。日々精進です。

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM